うわぁ...Ystar(ワイスター)が怪しいと思われる3つの理由がハンパない

東京にある新しい芸能事務所「Ystar(ワイスター)」が新人を発掘するためのオーディションを実施しています。

 

芸能人を目指している方はツイッターやインスタグラムの広告を見て興味を持っているかと思います。

 

しかし、ネット上には「ワイスター(Ystar)」って怪しい事務所なんじゃないの?口コミ・評判も全然無いし。」と感じる方が沢山いるようです。

 

この記事では、そんな芸能事務所ワイスター(Ystar)が怪しいと思われる3つの理由を分析しました。ワイスターの評判や事務所の本当の評価について知りたい方はぜひご覧ください。

Ystar(ワイスター)が怪しいと思われる3つの理由

【理由その1】ホームページに都合の良いことを書きすぎている印象が逆に怪しい

ワイスター(Ystar)の公式ホームページを見てみると、以下のようなメッセージが発信されています。

設立の趣旨

昨今の芸能界では常識的になっていることがあります。

それは、『実力があっても出演作品に恵まれない』『経験が多くても良い役をとれない』『エキストラ、再現以外の仕事がない』ということです。

なぜこのようなことが起きているかというと、他の業界と同様に《仕事=利権》となっている為、それをコントロールする仕組みが既に出来上がっているからです。

ですから、今の芸能界で名前が売れるポジションを目指すには、大手芸能プロダクションにスカウトされ、始めからデビューまでの道をお膳立てしてもらうか、または、大手芸能プロダクションが主催(或は実質的に主催)している、グランプリ形式のオーディションで上位に入賞するしかありません。

しかし、当然ながらそのような状況では、このグローバル化した世の中にもかかわらず、世界に向けて発信しても、例えばハリウッド等と渡り合うことは出来ないのです。

芸能界を目指すほとんどの方は、そのことを知らず日々努力を続けておりますが、プロダクション側がそのことを公にすることはこれまでタブーとされてきました。

この度、我々がワイスターを立ち上げ始動した理由は、これまでの理不尽な芸能界の常識に挑戦し、世界を舞台に活躍出来る役者、タレントを育てること、またそのような作品を生み出し発信していかなくては、日本の芸能界は衰退していくと考えているからです。

我々が目指す理想は、しがらみのない、本当の意味での実力社会、互いに切磋琢磨し、世界を舞台に評価され、認められることです。

未経験でこれから芸能界を目指そうとしている方、これまで経験はあるのに出演に恵まれず悔しい思いをしている方、世界を舞台に活躍したいと考えている方、そして、役者・タレントに限らず、脚本・演出・監督として、才能があるのに芸能界の常識に振り回され表舞台に出られないでいる方を随時募集しております。

確かに書いてある内容は、現在の芸能界のパワーバランスを正しく伝えている、100%正しい内容です。

 

大手の芸能事務所は元からある利権を守るのに必死ですし、芸能界が反社会的な勢力と繋がっているという報道を雑誌などで読んだ事がある方もいることでしょう。

 

ですので、このワイスターの発信しているメッセージは全くもってマトモな事を書いているわけなのですが...「じゃあ、現実問題どうやってこれまでの常識を変えていくのよ」って言う部分があまり解説されていないわけです。

 

つまり、ある種の理想論を言っているだけなんじゃないの?と感じている方が、『じゃあ、ワイスターはやっぱり怪しい事務所なんだ!』と考えているのだと思われます。

 

このような理想論を掲げることは、会社の企業情報やクレドにはよくあることなのですが、ワイスターが新しい芸能事務所である事と重なってしまい、より一層怪しさが増してしまっている印象を受けます。

【理由その2】ワイスターの所属芸能人に有名人がまだいない

前述の通り、ワイスター(Ystar)はまだ立ち上げてから間もない、新しい芸能事務所です。

 

ですから、有名タレント・有名人と言えるような方はまだ1人もいないのが現状と言えるでしょう。1人、『Mai』さんという方は過去に日本テレビやNHKの連続ドラマに出演していたり、多数のテレビCMへの出演歴があるようです。

>>ワイスター所属タレントのMaiさんを詳しく見る

 

ですが、事務所全体で見ると、まだまだ弱小事務所と言わざるをえないでしょう。そんな新しく小さな事務所ですから、評価も高まっていないですし、怪しいと感じる方がいるのは当然です。

 

ただ、新しく小さい事務所という要素は悪いことだけでは無く、良いこともあるのはお伝えしておくべきかもしれません。

 

それは、まだ事務所内のパワーバランスが確立されていないため、「自分の実力が評価されれば事務所内で上の立場に立てる。」という点です。

 

「事務所内で評価が高いタレントは、優先的に仕事を貰えるので、下手に大手プロダクションの下っ端タレントとして働くよりもおすすめ」との口コミもあります。その口コミに関しては、以下の記事で詳しく解説されています。

>>芸能事務所ワイスターの口コミ・評判を詳しく見る

更新日:

Copyright© 芸能事務所Ystar(ワイスター)を徹底調査!ギョッとする悪評も!? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.